専科:開高健-文章の世界

開高健 生誕90周年記念講座

心斎橋大学特別講座 開高健-文章の世界

開高健

文筆家として多彩な表情を見せる開高健は、対象物をあらゆるアプローチで書き尽そうとする「言葉の狩人」でした。
この講座では、開高健作品を読み込みながら、表現者・開高健の姿を浮き彫りにしていきます。
一人の文筆家の物事の捉え方と表現を深く学ぶことで、その思考の核心に近づくことができます。
開高健ファンの方はもちろん、文筆家を志す方にも受講をお勧めします。新たな切り口の考察力と表現力を開拓して下さい。

開高健について

小説、戦争のルポルタージュ、釣りやグルメのエッセーなど、幅広い分野で活躍した。ジャンルを問わず人間の本性を見極めようとしてきた行動派の作家である。
1930年大阪市天王寺区に生まれる。1954年(24歳)、壽屋(現サントリー)宣伝部に中途採用され、PR誌『洋酒天国』の編集やウイスキーのコピー(トリスウイスキーの「人間らしくやりたいナ」が有名)を手がける。1957年(27歳)8月に『パニック』を「新日本文学」に発表し、一躍新人作家として注目される。10月『巨人と玩具』を12月『裸の王様』を「文学界」に発表。1958年(28歳)に『裸の王様』で芥川賞を受賞する。1964年(34歳)11月、朝日新聞社臨時海外特派員としてベトナムへ出発。ヴェトナム戦争に従軍し、1965年(35歳)3月には『ヴェトナム戦記』を朝日新聞社より刊行した。1968年(38歳)『輝ける闇』で毎日出版文化賞を受賞。1979年(49歳)『玉、砕ける』で川端康成文学賞受賞。1981年(51歳)9月『もっと遠く!』『もっと広く!』を朝日新聞社より刊行し、一連のルポルタージュ文学により菊池寛賞を受賞。1987年(57歳)『耳の物語』で日本文学大賞を受賞した。1989年10月『珠玉』第三部を脱稿、翌年文藝春秋より刊行。12月没。享年58歳。没後、開高の業績を記念して、1992年から2001年までTBSブリタニカ(現阪急コミュニケーションズ)が開高健賞を、2003年から集英社がノンフィクションを対象に開高健ノンフィクション賞を創設した。

こんな方にオススメ

  • 開高健のファンの方
  • 一作家の生涯・生き様を知り、その作家の作品を掘り下げて学びたい方
  • 文筆家を目指す方、創作のヒントを得たい方
  • 自身の文章表現に行き詰まりを感じている方

オンライン受講対応

心斎橋大学では、オンライン受講に対応しており、講義ごとに来校受講・オンライン受講を自由に選択できます。また、ご欠席時には講義ビデオを配信致します。詳しくは、バナーをクリックして「オンライン受講・ビデオ配信」ページをご確認下さい。

講師:坪松博之 Hiroyuki Tsubomatsu

開高健との関わり

坪松博之

1983年サントリー株式会社に入社。
広報室に配属され、サントリーのPR誌「サントリークォータリー」の編集担当として開高健との仕事を始めるようになる。
初顔合わせの時に開高から「モテまっちゃん」と名付けられ、原稿やゲラのやりとりなどで茅ヶ崎に足繁く通うようになった。
開高が集英社の仕事用として都内の常宿としていた都ホテル、TBSブリタニカ社内にあった開高ルームにも頻繁に顔を出し、一ヶ月に一度、東京の新しい酒場業態を案内する潜伏ナイトツアーを行うなど昼夜共に親交を深めた。
スリランカ帰国後には、宝石、カレー、紅茶の知識を開高が関係者に披露する会を開催し、開高健主催「ボジョレーヌーボーの会」の準備事務方も担当した。

公益財団法人開高健記念会理事(茅ヶ崎「開高健記念館」での展示企画担当)
著書『壽屋コピーライター開高健』(たる出版 2014年)『Y先生と競馬』(本の雑誌社 2017年)
東京都生まれ・早稲田大学政治経済学部政治学科卒業・武蔵野美術大学芸術文化学科卒業

カリキュラム例

1.『パニック』『巨人と玩具』『裸の王様』――芥川賞を受賞するまで
「新日本文学」に掲載された『パニック』が好評を得て「文學界」に『巨人と玩具』『裸の王様』を発表、大江健三郎との激しいデッドヒートの末に芥川賞作家となる。「“内”よりも“外”に生きよう」と自らの姿勢を定めた開高健のデビュー当時の小説のつくり方を解明する。

2.ルポルタージュへの取り組み『日本人の遊び場』『ずばり東京』
小説づくりが思うように進まない開高に「ルポルタージュを書けば」と勧めたのは武田泰淳だった。その言葉に応じるように「週刊朝日」に『日本人の遊び場』『ずばり東京』の連載に取り組む。ノンフィクションとフィクションの境界を行きつ戻りつ、開高文学の新境地は確立されてゆく。

3.ヴェトナムで決意したこと――『南ヴェトナム報告』から『輝ける闇』へ
「ずばり東京」の連載を終えた開高は10日後、ヴェトナムに旅立つ。100日間の南ヴェトナム取材中にヴェトコン少年の公開銃殺を目撃し、最前線のジャングルでは九死に一生の体験をする。ヴェトナムが開高にとって生涯をかけて追いかけるテーマとなった過程をたどる。

4.『夏の闇』と私
「この作品からは求心力で書くことを決心した」、さらに「この作品を私としては“第二の処女作”としたい」と開高は『夏の闇』の後記に記している。題材、舞台、女性、ヴェトナム――この小説は開高の内面の奥底を投影したものであった。開高が追求した「私小説」のかたちを分析する。

5.五感をめぐる短篇集『ロマネ・コンティ・一九三五年』
「筆舌に尽くしがたい、言語に絶する、といった言葉は小説家にとって敗北を意味する」世の中のすべてを文章にすると自ら課した開高の姿勢が端的に示された作品が五感をテーマに据えた短篇集『ロマネ・コンティ・一九三五年』である。かたちにならないものを語彙、表現方法を駆使してどう描こうとしたか、その手法に迫る。

6.遺作『珠玉』――開高健の「玩物喪志」
『珠玉』の第三篇「一滴の光」は死の50日前に書き上げられた作品である。開高は宝石と出会い、長い年月をかけて収集し、宝石の世界に入り込んでいった。絶筆となったこの作品がどのようなプロセスを経て誕生したか、小説家・開高健の生き様を明らかにしてゆく。

7.旅人・開高健――『フィッシュ・オン』『オーパ!』『もっと遠く』『もっと広く』
30歳、初めて中国を訪れた。東欧、パリ、ヴェトナム、アマゾン、アラスカ、モンゴル――開高は、生涯旅を続けた小説家だった。自ら「地図を持たない旅行者」と称し、数多くの紀行作品を著した開高にとって旅は何を意味したのか。旅の軌跡をたどりながら旅人の内面を探ってゆく。

8.「餓え」――開高文学の原点
開高健が小説を書く衝動は少年時代の「餓え」の記憶、そして焼跡での体験によってもたらされている。いくら充足した生活を送ろうが、開高の「渇望感」は生涯消えることがなかった。この小説家の原点がどのように作品に表出し、あるいは埋め込まれているか。時代ごとに作品を追いながら示してゆく。

9.大阪人・開高健――『日本三文オペラ』はどう誕生したか
大阪で生まれた開高は生涯、大阪弁を喋ることを貫いた「大阪人小説家」であった。初の長編小説『日本三文オペラ』はその「大阪人」としての魅力が凝縮された作品である。開高はどのようにして「アパッチ族」と出会い、この作品を書き上げたか、誕生の秘密に迫る。

10.言葉の狩人・開高健――「真実」へのアプローチ
「漂えども沈まず」「悠々として急げ」「毒蛇は急がない」――数多くの名句を生んだ開高健は常に物事の「真実」「本質」を描き切ることに心を砕いた小説家だった。それぞれの作品の開高健の文章表現を見比べながら「言葉の狩人」開高健の実像を浮かびあがらせる。

開高作品を知る・語る

  • 開高作品について”創作の背景”をお伝えします。
  • ”創作の背景”について、感じたことや質問を提出して下さい。
  • 上記の作品の他にも関連作をご紹介します。
  • 作品についての自身の考え等(論評)を書いて下さい。※提出自由

講義回数

全10回(50分/回)

講義予定日

月1回・第3水曜日【2021年6月開講】

6月16日/7月21日/8月18日/9月15日/10月20日

講義時間

14:00~16:00【1日に2コマ(回)実施予定】

※上記内容は、都合により変更する場合が御座いますのでご了承下さい。

受講料金

受講料:36,300円/教務・教材費:3,300円/計39,600円(税込)

※開高健記念会会員・東京作家大学受講生・心斎橋大学受講生の方は、特別割引があります。各会および受講生向けの案内にある受講費用をご確認頂くか、心斎橋大学にお問い合わせ下さい。
※上記には、消費税10%を含んでおります。

コース・料金
オンライン受講・ビデオ配信
文章・エッセイコース
創作・小説コース
脚本コース
児童文学コース
ジャンル小説コース
専科:開高健-文章の世界
専科:放送作家養成スクール
専科:作詞家養成スクール
専科:自分史制作スクール
  • 心斎橋大学の一年
  • 受講生の作品

無料体験授業・説明会

個別相談も受付中
下記の日程以外でも相談・体験頂けます。お気軽にご予約下さい。
文章・エッセイコース
*オンライン対応*
10/18(月)14:00
10/23(土)15:00
10/25(月)14:00
創作・小説コース
*オンライン対応*
10/19(火)14:00
10/19(火)19:00
10/26(火)14:00
10/26(火)19:00
脚本コース
*オンライン対応*
10/18(月)19:00
10/25(月)19:00
児童文学コース
*オンライン対応*
10/23(土)11:00
11/6(土)11:00
ジャンル小説コース
*オンライン対応*
10/23(土)13:00
11/6(土)16:00
放送作家養成スクール
*対面形式*
10/30(土)17:00
作詞家養成スクール
*対面形式*
10/20(水)19:00

ご予約はこちらから

  • 作家養成コラム
  • 姉妹校 投稿作家大学
  • 心斎橋大学のfacebook
  • 心斎橋大学のTwitter