作家養成コラム

手書きかパソコンか

2020.01.25

創作・執筆のヒント

 心斎橋大学では、パソコン(ワープロソフト)の使用を歓迎しております。
 特に、課題作の提出については、作品データをメール添付で事務局にお送り頂くことが出来、大変便利ですし、公募賞の中には手書き不可の物も増えてきていますから、パソコンの扱いには慣れておく必要があります。

 しかし、時には講師が手書きをお勧めすること、手書きに限定することもあります。
 作家の中には、執筆の訓練として、名作や好きな作家の作品を書き写した、とおっしゃる方があります。
 「学ぶことは、真似ること」と言いますが、例えば有名な絵画を模写する場合、一筆一筆考えながら慎重に描くはずです。
これと同じように、小説やエッセイを学ぶ場合も、パソコンでさっさと打ち込んでしまうのでは無く、一文字一文字、あなたの字で書き真似ることに意味があるそうです。句読点のリズム、言葉の選び方、漢字なのか平仮名なのかにまで気を付けながら書き真似てみて下さい。じっくりと、その作品を味わってみて下さい。

 また、普段パソコンを使用される方でも、時々は手書きしてみて下さい。
 いつもなら、簡単に変換できてしまう漢字も、手書きとなると思い出せず、辞書を引いたり調べたりするはずです。その時ふと、こんな言葉もある、表現もある、と気付くこともあるかもしれません。
 さらに、パソコンでは特別な機能を用いない限り、削除した物はもう見ることはありません。手書きであれば、ああでも無いこうでも無い、と書き直した跡を残すことが出来ます。何度もそれらを読み返すことで、磨かれた文章が残るでしょう。それを清書してみて下さい。

 原稿用紙に向かって手書きする時間は、とても贅沢では無いでしょうか。たまには、パソコンの電源を入れる代わりに、原稿用紙を広げてペンを持ってみて下さい。

最新の記事
作品集「炎心」コンクール 2019年度受賞作発表・講評
手書きかパソコンか
田辺聖子先生と藤本義一先生~関西で書き続けた作家~
ワープロソフトの文字カウントとページ設定
月別アーカイブ
2020年6月
2020年1月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2018年10月
2018年3月
カテゴリー
ラジオドラマの書き方
創作・執筆のヒント
エッセイの書き方
ワープロソフトの設定
  • 心斎橋大学の一年
  • 受講生の作品

無料体験授業・説明会

文章・エッセイコース
・9/28(月)、10/5(月)、10/10(土)各13:30
*オンライン対応*
創作・小説コース
・9/29(火)・10/6(火)各13:30、19:00
*オンライン対応*
脚本コース
・9/28(月)・10/5(月)各19:00
*オンライン対応*
児童文学コース
・9/26(土)・10/3(土)各10:30
*オンライン対応*
ジャンル小説コース
・9/26(土)15:00、10/3(土)15:30
*オンライン対応*
放送作家養成スクール
・9/26(土)、10/3(土)各17:00
作詞家養成スクール
・9/30(水)、10/7(水)各19:00

ご予約はこちらから

  • 作家養成コラム
  • 姉妹校 投稿作家大学
  • 心斎橋大学のfacebook
  • 心斎橋大学のTwitter