講師・スタッフ紹介

丹波元

担当コース
創作・小説コース、大学院
担当科目
小説・エッセイ・大阪考現学・時代考証

メッセージ

これまで、小説やエッセイの書き方を身に着けるには、同人誌を作り、そこに載った習作を、同人同士がお互いに批評し合ったり、あるいは、仲間が集まって習作を見せ合い、相互に感想を述べ合う、といったスタイルのものが主でした。
けれども、そういった集まりでは、互いに気を遣って、冷静で的確な批評や判断が出来ないばかりか、ともすれば感情的になり、気まずい気分を作り出して、後味の悪い場を作りがちでした。
端的にいって、こうした学習法や修行法は、現代人に不向きな古いスタイルだといえます。なぜならば、現代の人は、罵倒し合ったり貶し合って、互いを傷つけてでも切磋琢磨しようとする、荒々しい手法には馴染めず、苦手なのです。
当校では、小説やエッセイなど文章全般について学ぶため、より合理的で現代的な学校の教室型式で、プロの講師が、個人個人のレベルに合わせて添削指導します。ここでは各人の個性を尊重し、明るく和やかな雰囲気の中で授業を進めます。
そして、上達した人の最終目標は文学賞を獲ることで、そのためのお手伝いをします。

プロフィール

放送作家・小説家/大阪市生まれ。放送作家として25年間、多くの放送脚本を手がける。1994年「自由都市文学賞」を受賞。大阪考現学から礼儀作法に関する執筆など博学ぶりはつとに有名。著書に、「芹沢鴨・死出の鐔」「風聞―仙石騒動始末」「明如上人抄」「こんなに違う京都人と大阪人と神戸人」「まるかじり礼儀作法」など多数あり、藤本義一との共著に「大阪人と日本人」がある。
※考現学とは、考古学に対抗した言葉で、主に江戸時代以降、現代までの時代にあった様々な事柄を扱う学問分野です。

担当コース
文章・エッセイコース
創作・小説コース
脚本コース
児童文学コース
ジャンル小説コース
大学院
公開講座
専科:放送作家養成スクール
専科:作詞家養成スクール
専科:自分史制作スクール
  • 心斎橋大学の一年
  • 受講生の作品

無料体験授業・説明会

文章・エッセイコース
・10/22(月)13:30~
創作・小説コース
・10/26(金)13:30~
・10/26(金)19:00~
脚本コース
・10/15(月)19:00~
児童文学コース
・10/20(土)13:00~
ジャンル小説コース
・10/20(土)15:00~
放送作家養成スクール
・10/20(土)16:30~
ターフライター養成スクール
・10/29(月)13:30~
自分史制作スクール
・10/26(金)15:00~
各コース個別相談・見学会
随時開催:要予約
月曜~土曜 12:00~19:00

ご予約はこちらから

  • 作家養成コラム
  • 姉妹校 投稿作家大学
  • 心斎橋大学のfacebook
  • 心斎橋大学のTwitter