講師・スタッフ紹介

吉田はるみ

担当コース
文章・エッセイコース
担当科目
文章・エッセイ

メッセージ

書くことはコミュニケーションの一つの方法であり、言葉を使った自己表現です。あなたはどんな目的で、誰に向けて、何を書くのでしょうか? 私たちは、たとえ無意識であっても、言葉を使って何かを考えています。形を持たない考えや思いを具体的な形にする、つまり人に伝わる文章にするためには、知っておくべき作法や技術があります。

しかしもっと大切なことは、あなた自身が何を感じ、物事をどのように見ているのか、どんな体験をしているかでしょう。書くことは、日々の暮らしや生き方、そこから生まれるさまざまな経験や思いを振り返ることにもつながります。それは、あなた自身を伝えることであり、書き方を磨くことはあなた自身を磨くことでもあるのです。何かをうまく伝えることができた時、たとえそれが取るに足らない一瞬の感覚であったとしても、そこに“感動があると私は思います。

プロフィール

関西学院大学非常勤講師/関西学院大学大学院修士課程修了、大阪市立大学文学研究科博士課程中途退学。映画を中心とする言語コミュニケーション文化を研究。兵庫県、神戸市、NPO神戸100年映画祭をはじめとする公共団体のほか、FM802を含むさまざまな企業で通訳・翻訳・リライト・講師・講演など多様な活動を行なってきた。映画関係機関誌、同人誌、学会誌などでコラムや論文を執筆。産経新聞、大阪日日新聞に寄稿。翻訳書に「キエシロフスキーの全貌」がある。

担当コース
文章・エッセイコース
創作・小説コース
脚本コース
児童文学コース
ジャンル小説コース
大学院
公開講座
専科:放送作家養成スクール
専科:作詞家養成スクール
専科:自分史制作スクール
  • 心斎橋大学の一年
  • 受講生の作品

無料体験授業・説明会

文章・エッセイコース
心の動き、思い出を上質なエッセイに。書く楽しみを味わう。
2/4(土)・2/13(月)
創作・小説コース
たっぷりの講評回数。短編小説も。毎回満席の人気コース。
2/7(火)・2/14(火)
脚本コース
プロの脚本家が企画立案から指導。経験者にも効果大!
担当:脚本家 楠本ひろみ
1/30(月)開催
児童文学コース
児童文学を書くコツを丁寧にお話しします。
2/4(土)・2/18(土)
ジャンル小説コース
エンタメ小説を書きたいならこのコース!惜しみない講義と講評で人気。
2/6(月)・2/9(木)
放送作家養成スクール
テレビ業界への最短ルート。デビュー続々。
2/4(土)・2/25(土)
久保純夫の楽しい俳句作り
日常や心の動きをすくう。短いからこその濃密な表現を。
2/9(木)、2/16(木)開催

ご予約はこちらから

  • 作家養成コラム
  • 姉妹校 投稿作家大学
  • 心斎橋大学のfacebook
  • 心斎橋大学のTwitter