作家養成コラム

推敲について【作品講評と添削の例】③リライト例

2018.03.16

エッセイの書き方

こちらは、講師からのアドバイスをもとに、リライトした作品例です。
提出時講師からのアドバイスを先にお読みください。

『四十個の目玉』山口有香子

 夏休み前、私の友人から頼まれた。子どもがすくってきた金魚が産卵し、今や五百匹、少し引き取ってもらえないかと。さっそく水草、水をきれいに保つジャリなどを買い求め、家にあった水槽に入れて、譲り受けた二十匹の金魚はリビングの一角におさまった。

 さて、縁あってうちに来た金魚は、目高ほどの大きさで、まだ色も薄い。大切に育てられたせいか、実にお利口さんだ。夜になるとちゃんと寝ているようだ。朝夕の時間をわかっているらしく、私が近寄ると、金魚たちも寄ってくる。

 生きものを飼うことに、「重し」を感じ始めたのはいつからだろう。

 物心ついたときから、今までの人生のほとんどは、猫と一緒だった。犬がいたこともある。金魚はもちろん、カメ、ヤドカリ、ハムスター、文鳥、ヒヨコはニワトリになったし、卵を産ませようとウズラも飼った。

 子どもの頃、生き物はただ、ともにあるものだった。犬の散歩は私の役目になっていたけれど、行けないときには、母が代わってくれるとわかっていた。

 とするとやはり、一家の主婦となってからか。殊に、わが子を育て始めてからは一層、そうなった気がする。

 去年、十六年を一緒に暮らした猫に死なれた。悲しみはもちろん大きかったが、「重し」のとれた感覚も、確かにあった。今更はずされても、フワフワ浮き上がって、地に足がつかなくなってしまう。金魚たちを譲り受けたのは、こんな時期をしばらく過ごしたあとだった。

 やっと二学期が始まり、昼間は自分の時間がとれるようになった。しかし、一人であっても、背中を見られている。砂粒ほどの大きさでも、四十個となると、結構な圧力となる。目玉がしっぽを振ってわたしに迫ってくる。でも、これくらいの「重し」ならば、ちょうどいいか、と思っている。

 

最新の記事
作品集「炎心」コンクール 2019年度受賞作発表・講評
手書きかパソコンか
田辺聖子先生と藤本義一先生~関西で書き続けた作家~
ワープロソフトの文字カウントとページ設定
月別アーカイブ
2020年6月
2020年1月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2018年10月
2018年3月
カテゴリー
ラジオドラマの書き方
創作・執筆のヒント
エッセイの書き方
ワープロソフトの設定
  • 心斎橋大学の一年
  • 受講生の作品

無料体験授業・説明会

自分史制作スクール
個別説明(随時)
秋期の募集・体験授業について
秋期は11月に開講予定です。募集・体験授業の開催については、8月頃に開始予定です。

ご予約はこちらから

  • 作家養成コラム
  • 姉妹校 投稿作家大学
  • 心斎橋大学のfacebook
  • 心斎橋大学のTwitter