受講生の声と実績

滝口 葵已 さん

文章・エッセイコース、創作・小説コース、大学院
19期生(2005年度)
年齢:60代 性別:女性

入賞・受賞歴

第27回「三田文学新人賞」受賞
小説部門 当選作『愛しのクリーレ』

**以下は、加藤雅子 さんで受賞**

35回「大阪女性文芸賞」佳作受賞『ひょっこりひょうたん島とピーちゃん』
「望星」創刊45周年記念エッセイ「私の思い出。あの日あの味」優秀賞受賞
「ノボ  ノルディスクエッセイ大賞」優秀賞受賞
11回エッセイ「検査がくれたもの」優秀賞受賞
3回「今は亡きあの人~伝えたい言葉」佳作入選

受講生の声

2004年冬、ホノルルマラソン挑戦! それが延々と続く創作の道のスターティングラインになるとは、当時、夢にも思いませんでした。

難しい病をコントロールしてのフルマラソン完走、ということで、体験談執筆を依頼され、書くことが好きになり、翌年、心斎橋大学に入学しました。

総長の藤本義一先生はじめ講師の先生方は、つたないものでも真摯に生徒の作品と向き合ってくださるので、真剣勝負で書くようになり、エッセイから詩、脚本、小説と、表現方法を模索しながら12年間創作に励んできました。無から有を産み出すというのは、苦しみも伴いますが、自分の頭のなかにしかなかった作品世界が本や雑誌に載り、他の人に共有してもらえるというのは、たまらなく魅惑的なことです。

小説を書いていると、自分では想像もしなかった風景が眼前に現れることがあります。その恐ろしく(?)おいしい蜜の味を知ってしまったので、私は創作をやめることはないだろうな、と思います。心斎橋大学で勉強を続けてきたからこそ、人生とはまた別の、面白くて新しいアトラクションに乗れたりもする摩訶不思議な道を歩むことができています。

2018年春、賞の贈呈式では、憧れの芥川賞作家の先生方から作品の批評や励ましのお言葉をいただき、貪欲になってきました。小説家としてデビューできる新人賞受賞!

そう遠くはないゴールと信じて、日々小説を書いています。 (2018年4月)

受講コース
文章・エッセイコース
創作・小説コース
脚本コース
児童文学コース
ジャンル小説コース
放送作家養成スクール
作詞家養成スクール
マイライフ執筆コース
大学院
入賞・受賞ジャンル
作詞
小説
エッセイ
脚本
映画
児童文学・絵本
プロデビュー・就職
  • 心斎橋大学の一年
  • 受講生の作品

無料体験授業・説明会

文章・エッセイコース
4/17(土)13:00
4/19(月)14:00
*オンライン対応あり*
創作・小説コース
4/20(火)14:00、19:00
*オンライン対応あり*
脚本コース
4/19(月)19:00
*オンライン対応あり*
児童文学コース
4/17(土)11:00
4/24(土)11:00
*オンライン対応あり*
ジャンル小説コース
4/17(土)15:00
*オンラインのみ*
放送作家養成スクール
5/15(土)17:00/最終回
*現役放送作家による体験授業*
作詞家養成スクール
4/21(水)19:00
開高健 文章の世界
4/13(火)14:00
4/20(火)14:00
*オンライン対応*

ご予約はこちらから

  • 作家養成コラム
  • 姉妹校 投稿作家大学
  • 心斎橋大学のfacebook
  • 心斎橋大学のTwitter