受講生の作品

心斎橋大学ラジオシアター

樋口直子 さん
大学院
31期生(2017年度)
性別:女性

第3話:最高の晩餐

この作品は、心斎橋大学のラジオドラマコンクールで選出され、2019年4月19日(金)ラジオ大阪にて放送されました。作品募集においての設定は、こちらをご確認下さい。

【登場人物】

倉嶋翔平(20)
中村 進(76)
手塚春香(50)進の娘
手塚拓海(25)晴香の子 進の孫

 

   SE 自転車のブレーキ音

      猫の鳴き声

翔平「おーっと、ミルク! 飛び出しちゃ危ないじゃないか」

    SE 猫の鳴き声

翔平「ほら、家に帰るぞ。え? そっちは反対の道だよ。今日は一体どうしたんだ」

翔平(N)「初夏の蒸し暑い夕方、大学からの帰り道に、僕は飼い猫のミルクに導かれ、うねうねとした道を歩いて行く。すると古い一軒家に辿り着いた」

翔平「ミルク、行くぞ。知らない家なんだから。ほら。もう頑固だな」

中村「(家の中から)ゴホゴホ、ゴホゴホ」

翔平「ミルク! 勝手に人の庭に入るんじゃない。あぁ、どうしよう」

中村「(家の中から)ゴホゴホ、ゴホゴホ」

   SE 猫の鳴き声 遠ざかる

翔平「ミルク、出ておいでー」

    SE 網戸の開く音

中村「あぁ、タマか。ゴホゴホ」

    SE 猫の鳴き声

中村「最近、公園に行けなくてすまないな。そうだ、おやつをやろうか」

   SE 砂利を踏んだ音

中村「誰だ、そこにいるのは?」

翔平「す、すみません。うちの猫がお邪魔しているようで」

中村「あぁ、タマの飼い主か」

翔平「タマ? あー、タマ……ね」

中村「(激しく咳込む)ゴホゴホゴホ」

翔平「大丈夫ですか?」

中村「寝てたら治まるんだけれどなあ」

翔平(N)「ひょんなことから、僕はこのおじいさんと知り合いになった。おじいさんは、中村進さんといい、七十代半ばで一人暮らし。二十年前奥さんに先立たれたらしい。公園でミルクにおやつをくれていた」

中村「この猫はどうしたんだい?」

翔平「えっと……二、三年前、うちの庭にふらっとやって来て、テラスの箱の中に居着いちゃったんです」

中村「そうか、きままな奴だなあ。名前は?」

翔平「ミルクといいます。毛並みが薄い茶色でボワッとしてて、ミルクティーみたいだからって、妹が名付けたんです」

    SE 猫の鳴き声

中村「なるほど、粋な名前……(激しく咳込む)ゴホゴホゴホ」

翔平「中村さん、お身体大丈夫なんですか?」

中村「いやあ、もうね。ゴホゴホ。私は……あと三ヶ月で……ゴホゴホ」

翔平「え? あと三ヶ月? 余命三ヶ月?」

中村「……うーん、まあ、そうなんだ」

翔平「すみません……なんか、すみません」

中村「……いや、別に……」

翔平「何か僕にできること、ありますか? お手伝いすること、ありますか?」

中村「そんな、気を遣ってもらわなくても」

翔平「ミルクがお世話になっているお礼です」

中村「……そうだな、妻の作ったハンバーグがもう一度食べたいなあ……死ぬ前にもう一度だけ」

翔平「分かりました!」

翔平(N)「次の日から、僕は中村さんの家でハンバーグを作ることにした」

    SE 包丁で玉葱を切る音

中村「良い手つきだねえ。翔平君は家で料理するのかい?」

翔平「はい、うちは両親が共働きだから、兄貴と交代で。逆に妹の方が全然ダメなんです」

中村「うちの娘は妻と一緒によく料理していたなあ」

翔平「娘さん、今は?」

中村「徒歩五分」

翔平「え?」

中村「徒歩五分のところに、旦那と成人した孫と住んでいる」

翔平「へえ、それなら頻繁に遊びに来る……」

中村「妻が死んだ二十年前から一度も会っとらん」

翔平「二十年間、一度も?」

中村「私が仕事ばかりで妻をほったらかしにしていたのが、いけなかったらしい。娘はきっと私のことを恨んでいるだろう」

翔平「……そうですか」

    SE ハンバーグのジュッと焼ける音

中村「肉の焼ける良い匂いだ。旨そうだな」

翔平「倉嶋家自慢のハンバーグでございます」

    SE フォークとナイフを皿に置く音

中村「美味い……が、これは妻の味とは違う」

翔平「え? そんな……」

中村「これじゃないんだ」

    SE ハンバーグの焼ける音に――

翔平(N)「それから毎日、僕はハンバーグを作り続けた。中村さんが最後に食べたいという奥さんの味に近づくために、ネットでレシピを検索しては、試してみる。だが、これという物ができずに一ヶ月が経った。残された時間はあと二ヶ月だ」

翔平「なあ、ミルク。郷に入っては郷に従えっていうじゃないか。きっと、この家の中に奥さんの味のヒントがあるはず」

    SE 猫の鳴き声

翔平(N)「そんなわけで僕は中村さんの許可をもらって、この家の中を探すことにした」

    SE 引出しを開ける音

翔平「引出しには手掛かりなしか……こっちの本棚はどうかな?」

    SE 本棚の本を取り出す音

翔平「何だ、この古いノート。『献立帳』? あったぞ! あった。わあ、すごい埃」

    SE 埃を払う音

翔平(N)「奥さんが書かれたノートには、ハンバーグのレシピが載っていた。玉ねぎを炒める時は、アルミ鍋を使って焦げ色に少しずつ水を加え、玉葱を擦り取ること。より肉汁が増すように挽肉に牛脂を加えること。これらが美味しくするコツらしい」

    SE ハンバーグのジュッと焼ける音

翔平「今度こそ、中村家ご自慢のハンバーグができますよ」

中村「楽しみだなあ」

    SE 玄関チャイムの音

中村「こんな時間に誰だ?」

    SE 鍵を開ける音、ドアが開く音

中村「あれ、春香、拓海。お前たちどうしたんだ?」

春香「どうしたんじゃないわよ。お父さん、なぜ言ってくれないの? 余命二ヶ月だなんて。翔平君が知らせてくれたのよ」

拓海「じいちゃん、ごめんな。これでも母さん、反省してたんだよ。一年前のこと」

翔平「え? 一年前? 二十年間一度も会ってないんじゃなかったんですか?」

中村「……いや、それは成り行きで、つい」

翔平「もしかして、余命宣告ってのも嘘?」

中村「……あの時、あと三ヶ月で七十七歳、つまり喜寿だなあと言いたかったわけで」

翔平「えー!?」

春香「もう、またホラ吹いて。お父さん!」

    SE フォークとナイフを皿に置く音

中村「これこそ妻の味だ。本当に美味い。ありがとう、翔平君」

春香「ホント、お母さんの味だわ。あとでレシピ教えてくれる?」

翔平「そう言っていただいて、僕も努力した甲斐がありました。ありがとうございます」

翔平(MO)「中村さんの嘘に騙されて、少し呆気にとられたけれど、余命三ヶ月は嘘の方がいいよね。腹が立たないかって? なぜかハンバーグができた時の達成感と、みんなが美味しいと食べてくれた嬉しさの方が勝ってしまった。以前、僕は何となくサラリーマンになるのかな、なんて思っていたけど、人のために役に立つ仕事もいいかなと、最近思い始めている。そして、人って、ちょっとしたことで変われるのだと、自分でも驚いているところなんだ」

(了)

作品種類
心斎橋大学ラジオシアター放送作
作品集「炎心」コンクール受賞作
作詞修了作品コンクール
公募受賞作品
修了制作 最優秀賞受賞作品
作品ジャンル
脚本(ラジオ)
作詞
ノンフィクション
小説
エッセイ
  • 心斎橋大学の一年
  • 受講生の作品

無料体験授業・説明会

文章・エッセイコース
・8/19(月)・8/24(土)
・9/2(月)・9/7(土)各13:30
創作・小説コース
・8/20(火)・9/10(火)
各13:30、18:30
脚本コース
・8/19(月)18:30
・9/2(月)19:00
児童文学コース
・8/24(土)・9/7(土)各13:30
ジャンル小説コース
・8/24(土)17:00
・9/7(土)15:30
放送作家養成スクール
・8/31(土)・9/14(土)各16:30
各コース個別相談
随時受付:要予約
月曜~土曜 12:00~19:00

ご予約はこちらから

  • 作家養成コラム
  • 姉妹校 投稿作家大学
  • 心斎橋大学のfacebook
  • 心斎橋大学のTwitter