心斎橋大学について

心斎橋大学の創立について

心斎橋大学は、第71回直木賞を受賞した藤本義一が “関西から多くの才能を発掘し、作家を輩出したい” との思いから創立した、作家養成スクールです。
現役の小説家・脚本家・放送作家・児童文学作家・ライターなど、書くことに精通した一流講師陣による充実した講義と、一人ひとりの感性に合わせた作品指導を受けられるのが特長です。
1987年の創立以降、プロの作家として、多くの卒業生・在校生が活躍し、コンクールへの入選者も多数出ております。

創立者:直木賞作家 藤本義一のメッセージ

自分の可能性について、人間は迷うものである。
自分で判断が下せないものだ。
それは、他の評価を得て自分の確信に結びついていくものだと思う。
可能性を発掘する場を自分の目で選ぶことが、人生の入り口だと思う。

心斎橋大学の特長

プロ作家としての経験が豊富な講師陣

小説家・脚本家・児童文学作家・放送作家・ノンフィクション作家など、日本放送作家協会会員作家を含め、20数名の経験豊富な講師陣が指導致します。あらゆる分野の作家による充実した講義では、様々な感性に触れ、広い知識と視野を得ることが出来ます。また、提出作品についてもプロ目線のアドバイス・指導を受けることが出来ます。

総長からのメッセージ

心斎橋大学総長 新野新

心斎橋大学総長 新野新

書くという作業は、どれだけ胸をはずませることか。
ペンであれ、エンピツであれ、パソコンであれ、心躍る。
今、その入り口にあなたは立っている。
書いたものが、TV用であれ、小説であれ、エッセイであれ、自分用であれ、実を結んで行く……愉しいではないか。
心斎橋大学はそのノウハウを教えます。
書くのは、苦しみを伴った自分と社会の対決、といえるでしょう。
そういうことを、創設者 藤本義一先生の志をついで、一緒になって解決して行こうと思っています。

主な講師陣

 

多くの卒業生・在校生が活躍

心斎橋大学は、直木賞作家・藤本義一が1987年に創立した、伝統あるスクールです。
筆力アップを図りたい方から、小説家・脚本家・エッセイスト・放送作家などを目指す方まで目的に応じて学んで頂くことができ、多くの卒業生・在校生が様々な業界で活躍、コンクールへの入賞も果たしています。

 

一人ひとりの感性に合わせた講師による作品指導・添削

課題以外でも、アドバイスを受けたい作品があれば、担当講師が丁寧に指導いたします。
講義と作品指導を繰り返し受けることで、筆力アップに繋がります。
※作品指導(添削)は、基本的に無料です。

希望分野を基礎から段階的に学べるカリキュラム

エッセイ、小説、脚本、児童文学、と学びたい分野を選択して始めることが出来ます。
受講は週1回半年からスタートでき、各分野の担当講師が、基礎から段階を追って指導します。
基本的な知識と筆力を付けた方は、上位クラスに進級頂く事が出来ます。
書くことに慣れていない方は、まずは文章の上達を目的とし、上質なエッセイを書けるように、更には小説にチャレンジとレベルアップして頂くことが出来ます。
また、放送作家養成、作詞家養成など特定の目的の為の「専科コース」も御座います。詳しくは、コース紹介をご確認下さい。

修了作品制作

1年学んだ方には、修了制作として作品を提出頂きます。
提出作の中から優秀作品を決定し、表彰致します。また、全作品を1冊の作品集にしてお渡し致します。

親睦会などのイベント開催

ちょっと教室を離れ、講師や他クラスの生徒と交流を深められるいい機会です。
くつろいだ席で、教室では聞けない意外な話が飛び出すかも。
親睦会などのイベントは年に数回開催致します。

事務局によるサポート体制

心斎橋大学には、講師陣と受講生の皆様の調整役として、様々なお手伝いをするスタッフが常駐しております。提出作品や課題は全て事務局で預かり、講師陣・受講生への送付手配を致します。作品集の制作や親睦会の開催等も全て事務局で致しますので、お忙しい方も執筆に集中して頂く事が出来ます。

  • 心斎橋大学の一年
  • 受講生の作品

無料体験授業・説明会

文章・エッセイコース
講師:作家・古川嘉一郎
・3/24(土)13:00~
創作・小説コース
講師:直木賞作家・難波利三
・3/19(月)13:00~
脚本コース
講師:脚本家・林千代
・3/19(月)19:00~
◎ワークショップも開催
児童文学コース
講師:児童文学作家・あんずゆき
・3/10(土)13:30~
ジャンル小説コース
講師:作家・田中啓文
・3/10(土)16:00~
各コース個別相談・説明会
随時開催:要予約
月曜~土曜 12:00~19:00

ご予約はこちらから

  • 作家養成コラム
  • 姉妹校 投稿作家大学
  • 心斎橋大学のfacebook
  • 心斎橋大学のTwitter