小説家、放送作家、脚本家、児童文学作家、絵本作家、構成作家の養成スクール、大阪南船場の心斎橋大学へ。



ジャンル小説コース

心斎橋大学では、より幅広いニーズにお応えすべく、「ジャンル小説コース」を開講致します。
講義ではミステリ、ホラー、SF、ファンタジー等のジャンル小説全般について詳しく解説し、各ジャンル課題作品を提出、その都度講評を受け、筆力・構成力を養います。
カリキュラムの後半では、企画を練り、短編小説を書きあげます。
新しい分野にチャレンジしたい方、小説を書きあげてみたい方、プロの意見を求めたい方、是非受講下さい!

  担当講師:作家・田中啓文 (たなかひろふみ) より

いわゆるジャンル小説は、一般文芸や純文学と異なり、それぞれのジャンルに固定のファンがいます。たとえばミステリしか読まないとか、時代小説しか読まないといったうるさがたの読者が相手なので、彼らを満足させ、納得させる書き方が要求されます。
この講座では、そんな読者を納得させるベーシックな部分から解説し、それを踏まえて、短編小説を一本仕上げるという具体的な作業をやっていこうと思っています。
今、出版界には数多くの新人賞があり、ジャンル小説の作家としてデビューするには非常に恵まれた状況だと思います。しかし、新人賞に応募するには最低50枚の短編を書くことが必要です。目標は、最終回までに「新人賞に応募するレベルの50枚の短編を書き上げる」です。
皆さんが書きたいと思っているジャンルの作品を、段階をおって完成させましょう。ジャンル小説を書きたいと思っているかたはぜひご受講下さい。

  担当講師:作家・牧野修 (まきのおさむ) より

ホラーとファンタジー。どちらも特有のお約束や決まり事がいろいろあります。
それは同時にジャンルの魅力でもあります。人を怖がらせたり驚かせたり、そこには娯楽小説の魅力が一杯詰まっています。
小説の楽しみ方を知り、書くことも楽しむ。そんなことを講座では話していきます。
ぜひ体験してみて下さい。

田中啓文の小説作法
牧野修の小説作法
ミステリ小説の書き方
SF小説の書き方
ホラー小説の書き方
ファンタジー小説の書き方
時代小説の書き方
ユーモア小説の書き方
実作の講評(ジャンル毎に課題作を提出・講評)
公募への応募の仕方
アイデアの見つけ方
プロットの立て方
キャラクターの設定
ストーリー(シノプシス)を書く
短編小説を仕上げる(50枚以上)
日本文の基本
感性の磨き方
創作の仕方
言葉遊び・基礎編
言葉遊び・応用編
古典に親しむ
取材の仕方
小説のアイデアと構成
特別講義
 (作家、映画監督、編集長、テレビ局ディレクターなどメディアで活躍している方々による講義)
【特別講義の過去の講師】
田辺聖子氏、川上未映子氏、井筒和幸氏、大森一樹氏、
本多正織氏(漫才作家)、桂福團治氏、旭堂南陵氏(講談師)、
江弘毅氏(ミーツ編集長)、もず唱平氏(作詞家)、石高健次氏(ジャーナリスト) など
選択講義
各分野の公募対策、教養などの複数講座の中から選択頂くことが出来、
より充実したカリキュラムを構成頂く事が出来ます。詳しくは、受講開始後にご案内致します。

 通学回数:全43回(入学式・修了式を含む) ※講師の都合により若干、回数を変更する場合があります
 通学期間:2017年4月 入学式 〜 2018年4月 修了式(1年間) ※無料体験実施中
 授業時間:1)ジャンル小説コース カリキュラム(土曜夕16:00〜17:30)
 ※年間25回前後を予定
 授業時間:2)文章・ドラマコース との合同カリキュラム(土曜昼14:00〜15:30)
 ※月曜への振替可
 入学金:30,000(税抜)
※入学時のみ必要。進級時には必要ございません。
 受講料金:毎月20,000円(税抜・10回払いの場合)

※10回払いの場合、初回のみ33,000円、2回目から20,000円。
※一括払いの場合、受講料197,000円、教材・教務費6,000円。
 (10回払いに比べ、10,000円お得です。)
 
※受講料には、受講生の方の作品添削費を含んでいます。
※上記には、消費税を含んでおりません。消費税は別途申し受けます。
※上記内容は、都合により変更する場合が御座いますのでご了承下さい。

田中啓文
(ジャンル
 小説)
1962年、大阪府生まれ。神戸大学卒。
1993年、長篇『凶の剣士』が第2回集英社ファンタジーロマン大賞に佳作入選して作家デビュー。『十兵衛錆刃剣』などのヤングアダルトSFを発表した後、1998年の伝奇ホラーSF『水霊ミズチ』以降は一般文芸の世界に進出、SF・ホラー・ミステリなどのジャンルを超えた活躍を続ける。
2001年のSF短篇集『銀河帝国の弘法も筆の誤り』(ハヤカワ文庫JA)の表題作で星雲賞日本短編部門を受賞、2009年短篇「渋い夢」(連作短篇集『辛い飴』創元クライム・クラブ所収)で第62回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。
牧野修
(ジャンル
 小説)
1958年大阪市生まれ。
1979年「牧野ねこ」名義で短編『名のない家』で第2回奇想天外SF新人賞佳作。1985年「牧野みちこ」名義で短編『召されし街』で第1回幻想文学新人賞佳作。1992年『王の眠る丘』で第1回ハイ!ノヴェル大賞受賞。翌年、同作を早川書房より出版し、本格デビュー。1999年『スイート・リトル・ベイビー』で第6回日本ホラー小説大賞長編賞佳作。2002年『傀儡后』で第23回日本SF大賞受賞。
著書に『晩年計画がはじまりました』(角川書店)、『トクソウ事件ファイル』(講談社)、『私の本気をあなたは馬鹿というかもね』(メディアワークス文庫)』『呪禁官 百怪ト夜行ス』(創土社)等、多数。

難波利三
(文章担当)
1936年 島根県太田市生まれ。 近年は文化的な活動も多く、なにわ大賞選考委員長、大阪女性基金プリムラ大賞選考委員など行政が行う各種行事の委員を務めることが多い。
1972年 「地虫」でオール読物新人賞受賞。1984年 「てんのじ村」で第91回直木賞受賞。
古川嘉一郎
(文章・
取材学担当)
演芸評論家。昭和60年度秋田實賞受賞。
主な作品に 「たかじんNOばぁ〜(構成)」(YTV)、「なにわの急ぎ星・ドキュメント林家小染」「少年の日を越えて・漫才教室の卒業生たち」「横山やすし・夢のなごり」などの著書がある。
相羽秋雄
(言語遊戯
 担当)
日本笑い学会理事。漫才、落語を中心とした構成を主とする。
主な著書に「現代上方演芸人名鑑」「現代上方落語便利辞典」などがある。
丹波元
(文章担当)
1942年 大阪生まれ。放送作家として25年間、多くの放送脚本を手がける。94年 自由都市文学賞を受賞。「大阪力」「大阪人と日本人」など、大阪考現学から礼儀作法に関する執筆など博学ぶりはつとに有名。
林禧男
(古典文学・
教養担当)
主な作品に<映画>「男三匹やったるでぇ」(松竹)<テレビ>「まぼろし城」「37階の男」「ふるさとの峠・春来」<ラジオ>「修羅」「あなたと夜と音楽と」(構成)などがある。
 ※担当講師は、事情により変更する場合が御座いますのでご了承下さい。
コース紹介







説明会・イベント情報
■2017年5月開講 受講生最終募集!
「文章・ドラマコース」「児童文学コース」「ジャンル小説コース」
最終募集!体験入学実施中!
たっぷり90分の講義を受講して確認頂けます。ご興味のある方は、お電話または、
体験入学予約フォーム
からご予約下さい。


フェイスブックページ
ツイッター